法定相続人の数に含める養子の数について

法定相続人の人数や遺産総額によって、相続税を納める義務があるかどうかが決まります。 相続税の対策として、養子縁組をされる方もいらっしゃいます。

法定相続人の人数や遺産総額がどれくらいあるかによって、
相続税を納める義務があるかどうかが決まります。
場合によっては相続税が課税されないこともあります。


“法定相続人の数に含める養子の数について”の詳細は »

相続と贈与についての数に強くなろう

相続人に養子縁組している子がいる場合には、実子がいないときは 2人まで、実子がいるときには1人を法定相続人の数に入れることが できます。

贈与税については110万円の基礎控除がありますので、その年中に贈与により取得した財産が110万円以下であれば贈与税は課税されません。
“相続と贈与についての数に強くなろう”の詳細は »

葬儀費用として相続で控除が認められるもの

葬儀費用のすべてが相続で控除できる金額というわけではありません

葬儀費用と認められるものは以下のモノです。
★死体の捜索、または死体や遺骨の運搬費用
“葬儀費用として相続で控除が認められるもの”の詳細は »

贈与税や相続税の基礎控除を利用する

基礎控除額を引いた額に対して相続税が課税されます。 それが0以下であれば、相続税は課税されません。

相続税に関しては基礎控除やその他の控除を
大いに活用しましょう。
まず相続税の基礎控除ですが以下のように定められています
・・・・・・1年間に贈与を受けた金額の合計が110万以下
である場合は贈与税は課税されない。
現金や株式を長期的に贈与する方法をとることで
トータルでは毎年基礎控除を受けることができ、税金対策にもつながります。


“贈与税や相続税の基礎控除を利用する”の詳細は »